皆さんの中には東京に行かれた方も見えると思いますが、ここでは多くの人が住んでいますしまた企業なども本社機能を置くなどして全国そして世界に向けて情報を発信しているのです。また外国人の方が日本に遊びに来る際には、まず最初に東京を訪れると言われています。ここには多くの観光スポットが有りまして、日本のカルチャーについても体感できる場所が有るなどバラエティーに富んだ観光を行う事も可能なのです。そして東京においては日々多くの電力が消費されながら経済活動を行っているのでして、この電力エネルギーは電力会社が供給を行っているのです。しかしながら電力使用のピーク時などには電力供給が間に合わなくなるケースも出てくるなどして、太陽光発電を自宅や企業のビルなどに設置して対応するケースが増えています。皆さんも設置は如何でしょうか。

東京における太陽光発電の設置について

国内においては多くの地域において経済活動が行われてきているのですが、それは製造業などで商品を製造して販売するものも有れば或は食料品を加工するなどしてお菓子を作ったり或はおかず等を作るなどしています。また様々な物資が移動していまして、この際にはトラックや電車などの移動手段が多く利用されてきているのです。そしてこれ以外にも、多く利用されているのが電力でして、これは家庭における各種電化製品であるとか、企業における生産設備や工場内の照明そして空調などで多くの量が使用されてきているのです。そして特に東京においては多くの企業や住民の方が暮らしを行うなどして大量の電気が消費されてきています。そして最近はクリーンな発電方法として注目されている太陽光発電が企業や家庭において設置されており、今後も拡大が予測されます。

東京の公園に設置してある太陽光発電パネルをみて

先日自治会のイベントで宝探しに参加してきました。宝の地図には太陽光発電パネルの絵があり、大きなヒントになりました。東京のどまんなかですが、公園の片隅に設置してあります。主に公園内の照明のための発電だと思われます。今まで何気なく使っていた公園内に設置されていることすら気づきませんでした。家庭用などは屋根にあり大きな物ばかりだと思っていましたが、公園にあるような小さな物もあるのだと改めて感じました。我が家はマンションなので、一軒家のように大きな太陽光発電パネルは無理ですが公園にあるような小さなものであれば我が家でも設置出来るのではないかと興味を持ちました。小さいものだとどれくらいの発電量があるのかも気になるところですが、災害の時用に設置にこぎつけられればいいなと密かに思っています。そう、非常灯に役立てたいのです。